フィリピンのあんなことこんなこと


by apsphil
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 60 )

何で、こんな格好?

*不思議?
  今回は趣向を変えてフィリピンの不思議です。
  フィリピンでは庶民の乗り物としてジープ二ー、トライスクールがありますが、ある地域
  のトライスクールは殆ど全部と言っていい程こんな格好です。
  フィリピン通の皆さん、何故こんな格好でしょうか?
  又、その地域はどこでしょうか?
b0159152_11463221.jpg
 
[PR]
by apsphil | 2008-07-26 11:47

新・世界7不思議

プエルトプリンセサ地底河川
パラワン島の州都プエルトプリンセサ市から北へ約50キロ、洞窟内を流れる長さ約8.2
キロの地底河川。
セントポール山地の鍾乳洞内を流れる川で海につながっている。
このため潮の干満の影響、淡水、海水の混流の影響を受け、独特の生態系を持っている。
私が最初にここを訪れた約20数年前は地元民でさえ見かける事はなく、自分達で用意した
ボート(ゴムボート)で案内人もなく、独自で洞窟内を探検し、疲れて眠り込んでしまった経験
もあるのだが、最近では観光化が進み、国内外からの観光客も増え、シーズンにもなると
ボート乗り場は長い行列が出来る程。
ユネスコの世界遺産指定。
お金と暇のある人は
b0159152_12541391.jpg
一見の価値あり。 
[PR]
by apsphil | 2008-07-25 12:54

新・世界7不思議

*トバタハ海洋公園
b0159152_11361797.jpg
パラワン州プエルトプリンセサ市より東方へ約00キロメートル、スルー海のほぼ中央に
位置する南北約00Km、東西約0Kmの細長い岩礁がある。
 総面積約33,200ヘクタールのここが通称「トバタハリーフ」と呼ばれフィリピンの海洋
公園に指定され又、ユネスコの世界遺産となっている。
 ここには300種類以上の珊瑚類、380種類の魚類、8種類の哺乳動物、7種類の海草、
71種類の藻類が生息する海洋生物の宝庫で世界中のダイバー憧れのスポットである。
 ここは1988年8月にフィリピン政府により海洋公園に指定、一切の漁が禁止され保護
されているが、その管理には諸問題を抱えている。
 政府より管理を委託されているNGO「トバタハ管理事務所」のSONGCO女史はダイブ
ガイド(指導員)としてトバタハの海に潜っている内に,この海に魅了され、この素晴らしさ
を保護・管理し、後世まで残そうと政府に働きかけNGO「トバタハ管理事務所」を設立した。
 当事務所はプエルトプリンセサ市内にあり4~5名のスタッフが交代で現地に赴き数名の
軍関係者達と共に監視・管理に当たり保護活動に従事している。
 又、トバタハ海洋公園には鳥島と呼ばれる岩礁があり、シーズンともなると何万匹もの海鳥
がここで繁殖する為に鳥島への立ち入りは禁止されている。
 NGOトバタハ管理事務の抱える問題点は運営資金の不足で管理、観察に必要な機材、
器具類も寄付に頼らなければならず所長のSONGCO女史は地球の素晴らしい財産を守り、残すために協力を呼びかける日々を送っている。
[PR]
by apsphil | 2008-07-24 11:38

新世界7不思議

*マヨン火山
ルソン島南部、ビコール地方アリバイ州にあり、レガスピ市の北西15キロにそびえるえる
成層火山。
マヨンとはビコール地方の言葉で美しい。
以前、日系移民達からは、ルソン富士とも呼ばれていた。実際の富士山よりも斜面が険しく、
頂上が鋭いので景観では富士山よりも綺麗と言われている。頻繁に噴火を繰り返しており、
周辺住民への被害も大きい。

b0159152_12262756.jpg

[PR]
by apsphil | 2008-07-23 12:31

新・世界7不思議

*チョコレートヒルズ
ボホール島のほぼ中央に位置し、1000個以上(1268個?)の高さ30~40mの円錐形の小山が連なっている。乾季には緑が枯れて茶色に変色し、これがチョコレートヒルズの由来だとか?。
どうして出来たのか解明されていない。
この小山は、珊瑚の瓦礫からなり、所々むき出しの岩は、すべて珊瑚。
このボホール島は大昔、まだ海中にあった証拠で、海底が隆起して島となったと言われている。自分も何度か出掛けたが、なかなか綺麗なチョコレート色には見えてこない。ところが一見の価値があるのは、早朝の日の出。まだ明けきらない時に見たチョコレートヒルズは、まさしくチョコレート色。早起きは大変だが、季節外れに行ってしまったらお試しに。
b0159152_11345181.jpg

[PR]
by apsphil | 2008-07-22 11:36

新・世界7不思議???

あるホームページ上で新・世界七不思議という投票が行われている。
今年末まで、世界をターゲットとして行われているようであるが、現在7月
20日までの投票で、なんと! フィリピン国内から7位までに3箇所。
そして9位に1箇所。上位10位圏内に4箇所も選ばれている。
4位 トゥバタハ岩礁海中公園 
5位 ボホール島 チョコレートヒルズ
7位 パラワン島 プエルトプリンセサ地底河川
9位 マヨン火山
この4位と7位は、世界遺産に指定されている。
マヨン火山は、活火山で未だに山頂から噴煙を噴出している。
仕事柄、これら地域には取材、ロケ等で時折出掛けている。
フィリピンは、未だに知られていない大自然、時間で変化する素晴らしい景観、絶滅危惧種等の野生動物。多分未だに発見されていない希少動物が多数いる等、ある意味で魅力ある特異な地域であろう。

b0159152_1619362.jpg

[PR]
by apsphil | 2008-07-21 16:20

家族計画法案

b0159152_15194879.jpg
フィリピンでは、家族計画法案なるものが議会で審議中らしい。

家族計画法案をすすめる議員達とそれに反対するカトリック教会。フィリピンらしい問題
だが、カトリック協会側の反対理由は人口避妊具(コンドーム、ピル、等)を使用する事
は中絶にもっとも近く、神の教えに背くものと考えている。?????????

しかし、人口増加、貧困、食糧危機など多くの問題があり、協会側も家族計画法案に賛成
する牧師もいるとか。

このカトリック教会の考え方を知って、ここフィリピンが子沢山である理由が‘’‘’‘’‘
中絶する事が神の教えに背くとは、聞いていましたが、避妊具すら同じとは“”“”“”“

90%がカトリックのこちらでは、無限大に人口が増加してしまうのでは、、、、 
あくまでも教会の顔色を伺う事自体どうかと?  フィリピンらしい。
[PR]
by apsphil | 2008-07-18 15:22

カラーコーディング

交通規制の撤廃を

フィリピンでは、おなじみの首都圏で行われている、カラーコーディング。これは、通行量
(渋滞)の緩和のため、平日の曜日により、車のナンバープレートの末尾数字で通行出来
なくなるというシステムである。

しかし、このほどフィリピン商工会議所(PCCI)のルイス会頭が燃料費高騰により交通量
が減少している為に、このカラーコーディングと呼ばれる車両通行規制は、もう必要ないと
の認識を示した。

ルイス会頭は、石油価格の高騰で多くの市民が公共交通機関を利用するようになった為
交通渋滞は、相当緩和されていると指摘、カラーコーディングは、もう必要ないのではと
指摘した。

マニラ首都圏開発庁(MMDA)のデーターによると、6月の首都圏走行車両数は前月比
10%減少したという。※そういえば朝の通勤で渋滞が少しになったような?

ここフィリピンでもガソリンの高騰はすさまじく、物価水準を考えると日本以上の高値である。
ジプニーも初乗り7,5ペソから8,5ペソに値上げされた。
[PR]
by apsphil | 2008-07-18 12:56

天気がすぐれません

b0159152_1974338.jpg

ここのところ天気が悪く雨が降ったりやんだりしてます
フィリピンの北では台風が発生したようです。
日本へは進路がはずれているみたいですが!?
昔からフィリピンからの贈り物はバナナか台風が有名ですが
後者の台風は”いただけない”贈り物ですね
備えあればうれいなしです。みさなん気をつけてくださいね。
[PR]
by apsphil | 2008-07-16 19:14

やぁ!みなさん!

これからフィリピンでの不思議な事、面白いこと
など普段のフィリピン生活で感じた事をブログに
書いていきたいと思います。
みなさんも末永くお付き合いくださいね。
b0159152_18403257.jpg

[PR]
by apsphil | 2008-07-14 18:43